ECOな暮らしはグローバルエナジーから

節電のススメ

家庭用蓄電池で電力のピークシフト・ピークカットを!

電気料金の安い夜間に充電をして、電気料金の高い昼間に蓄電池を使うことで電気料金の節約になります。 深夜の電気使用量が少ない時間帯でも火力発電所は発電を止めることができません。発電された電気をためておくことは難しく、発電された電気は無駄になってしまいます。 夜間の電気を使用することで、この無駄な電気を使用することになり、エネルギー消費の削減に貢献することにもなります。

家庭用蓄電池イメージ

スマートライフプラン(東京電力)

東京電力スマートライフプラン

家庭用蓄電池は非常時に大活躍します!

東日本大震災では、長期間の停電が発生して普段使うことができる家電製品を使うことができませんでした。

停電時は家電製品が使えなくなってしまいます。蓄電池があれば非常時でも電気を使うことができます。普段あたりまえのように使っている電気ですが、電気が使えないと何もできない事を多くの人が学びました。

太陽光発電と組み合わせてさらに節電!

光熱費を抑えてCO2を削減できます。

太陽光発電システムは、二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーです。
無尽蔵の太陽エネルギーを家庭用蓄電池と組み合わせて使うことで大幅に光熱費を抑える事ができます。

余った電力は電力会社に売る(売電)ことができます。

昼間発電した電気は、家庭で使いきれない場合があります(余剰電力)。その余剰電力を電力会社に 1Kw37円で、
売ることができます。
簡単な手続きさえしておけば、自動的に電気の売買が行われ、その差額が収入として振り込まれます。
夜間は発電できませんので、昼間と同様に電力会社から電気を買って使います。

売電イメージ

停電時・災害時も安心して電気が使えます。

災害などでの急な停電時でも、電気を使うことができる自立運転機能を備えています。
太陽光発電システムは、万が一の時にも安心です。

少しでも気になる事がありましたらグローバルエナジーへお気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-82-9686(ハッピーグローバル) お問い合わせフォームはこちら